Close

沿革

吉祥寺

1984.12 ソフネック株式会社  武蔵野市吉祥寺に設立(資本金300万円)
1986.01 漢方処方選択支援システム開発
1986.02 Prolog言語「WING」開発
1986.12 エキスパートシステム構築ツール「AI PLAN TELL」開発
1987.05 AI専用マシン「Melcom PSI」の導入及び、関連システムの開発
1988.01 Prolog学習ソフト「彩」開発
1988.06 資本金 650万円に増資
1989.08 広告文作成支援システム「GENNAI(源内)」開発
1989.08 「AZ-Prolog」OS/2版、unix版開発
1991.03 資本金 1,000万円に増資
1991.11 「AZ-Prolog」DOSエクステンダ版開発
1993.04 「AZ-Prolog」DOS/V版開発
1993.10 「ドレミFAX」WIndows3.1対応FAXモデムソフト開発
1994.04 本社を渋谷区広尾に移転

広尾

1994.08 資本金2,000万円に増資
1995.08 「AZ-Prolog for Win32」開発
1996.09 「プリンタドライバ」WindowsNT、95対応開発
1996.12 「scheme」コンパイラ開発
1997.02 本社を渋谷区恵比寿に移転

恵比寿

1997.07 佐賀市に開発室を設置
1997.10 インターネット受発注システム「べんりねっと」(コクヨ様)を受注
1998.03 「コンジョイント分析」マーケティング・ツール
1999.07 「WizWhy 日本語版」データマイニング・ツール開発
1999.10 自然言語インターフェース知識応答システム・プロジェクト
1999.10 株式会社E&D設立に資本参加
2000.04 「AZ-Prolog for Linux」Linux対応 AZ-Prolog開発
2000.10 創造法の認定「自然言語インターフェース知識応答システム」
2001.10 「SAINetシステム」自然言語知識応答システム開発
2002.10 ソフトバンクBB(株)様向けAIコールセンターシステムver.1運用開始
2004.08 ソフトバンクBB(株)様向けAIコールセンターシステムver.2運用開始
2005.06 「AZ-Prolog ver.5」開発
2005.08 個人情報保護への取組としてプライバシーマークを取得
2006.04 オープンソースをベースにしたECサイトの受託開発を開始
2007.05 オープンソースをベースにしたコミュニティサイトの受託開発を開始
2008.02 宇都宮大学と共同で「作物の家系分析WEB」を開設
2008.04 ビジネスインテリジェンス(BI)システムの受託開発を開始
2008.09 OpenGL ES 対応3D描画エンジンを開発
2008.12 本社を渋谷区代々木に移転

代々木

2009.10 「AZ-Prolog ver.6」 評価版ダウンロード開始
2010.03 「AZ-Prolog ver.6」 製品版販売開始
2011.12 「AZ-Prolog ver.7」Windows評価版ダウンロード開始
2014.03 「AZ-Prolog ver.7」Windows/Linux版リリース
2014.08 本社を渋谷区代々木(インターパーク代々木ビル)に移転
2015.04 「AZ-Prolog ver.8」Windows/Linux/Mac版リリース
2016.02 「AZ-Prolog ver.9」Windows/Linux/Mac版リリース
2017.03 「AZ-Prolog ver.9.61」Windows/Linux版リリース
2017.05 「文字認識エンジンBy Deep Learning 」リリース
Scroll Up